福岡県筑後市のホームページ制作会社

株式会社はねオンライン

ねこもいる島 ~相島~

ねこもいる島 ~相島~

2018年5月28日

「う~ん…実はインスタグラマーと呼ばれるのはあまり好きではないんですよね~。
インスタグラムあっての写真ではなく、自分が撮った写真をたまたまインスタ…」

最後までしゃべり切る前に船は島に着いた。

ここ数ヶ月、ありがたいことにとにかく仕事が忙しかった。
これから5年後を考えると、このままの流れに乗ったままでいいのだろうか。
自分たちが進む方向はこの流れの先にはないんじゃないだろうか。
漠然といつも考えていたことが、忙しかったおかげで現実問題として目の前の課題となってしまったわけです。

というわけで、約20分船に揺られて島に到着。
ごちゃごちゃした頭をリセットするには、のんびりと非日常の空間で時間を過ごすのが一番だなと思っていたら、流れにのってここに来てしまいました。

猫の島とも言われる、相島(あいのしま)。
福岡県糟屋郡新宮町
人口約500人・猫100~200匹(と言われている)

※上写真は福岡市公式HPより

実はこの島を訪れたのは2回目なんですが、すごい人が多くて驚きました。
新宮港のフェリー乗り場には人がごった返してて、
「11:30発の船はあと5人分しかありません」とアナウンスされるくらいの混雑ぶり。

軽い気持ちでちょっと港をのぞいただけだったのにも関わらず、
あと数人で終わりと聞いてそそくさとチケットを買う自分の卑しさを嘆きながらも、
【人は限定品にめっぽう弱い】という購買者の心理をリアルに体験。
これもマーケティングの勉強!と自分を納得させました。
(このあと相島への臨時便が出ました。それくらい多かった)

新宮港は相島へ行く船の乗り場でもありますが、この港自体で釣りをする人たちも多かったですね。

家族連れで釣りを楽しんでる反対側の海辺には、おもいっきりたそがれに来られている方もチラホラ。↓

たそがれてるってより、はげしく落ち込んでおられるレベルですね…。

さて、もう少しで出発の時間です。

海とスーツとサングラス。
いかしてます♡

船に乗りました。(フェリーと書くより船と書きたい)

約20分。距離8km。片道460円で島に到着。
冒頭のような雑誌のインタビューの妄想も、気持ちよく自分に酔いかけたあたりで着いてしまいます。

島に着くとすぐ猫。

猫。

猫。

猫と猫。

猫と女子カメラ。

ここ数年の「猫ブーム」のおかげか「インスタ映え」探しの影響かで、大人気な島になっているようです。

以前にはなかったアイスクリーム屋さんやカフェなんかが出来てましたし、外国から来られた方もけっこうおられます。

ゴールデンウィークということもあり、港は観光地のようになっていました。

「インスタグラマーと呼ばれるのは本位ではない」というセリフを言うためには、まずもって『インスタグラマーと1回でも呼ばれる必要がある』と気付いた私はもっとひっそりとした島の奥の方にもぐろうと思い裏道へ入ってみることにしました。

雰囲気が変わり現地の方の生活の姿も見え始め、ああやっぱり来てよかったな~と思いながらてくてくと歩くと、

あ!!

うん、やっぱりいかしておられる♡

そのまま海沿い道に出て、

それを右に曲がると島をぐるっと周れます。

一周約6km。よし、とりあえず行ってみよう。

猫の姿はさすがになくなったな~と思ってたら、昼寝中の猫がいました。

普段見なれてない景色の中を歩いているだけで頭がスッキリしてくるのは不思議です。

本道から左に曲がると絶景ポイントと書いてあったので行ってみることに。

人気(ひとけ)がない。変な生き物とか出てきたらどうしよう…。
わくわくしながらぞくぞくします。

海に出た!
水平線、いただきます!

岩にぶつかるザザーンという波の音と、かすんだ空にピーヒョロロとトンビの鳴き声。
この空気感を写真では伝えきれない。(写真部失格なセリフ)

来た道を戻り、先ほどの本道へ。
ぐるっともとの港を目指します。

大型連休なんぞ関係なく、山の中でも働いている人がいました。
観光地っぽい風景よりもこんな現地の日常を見る方が心がふわっとなります。
ぼくにとっての非日常は、島の人にとっての日常。
その関係性の差に旅の面白さを感じます。(旅と言ってみた)

寄り道などもしながら1時間半かけてようやく港が近づいてきました。

港周辺はやはり猫がたくさんいます。

この島を訪れた方と現地のおばさんたちがお話されてるのがチラッと聞こえてきました。
このように猫が増え続けることは問題があるでしょう?という投げ掛けだったように思います。

「猫ちゃん、どんどん増えるでしょう?いろいろと面倒な問題もおありなんじゃないですか?」
「増えれば増えるほどいろいろ大変かですよ」
「わたしたちの地区も猫がどんどん増えたので、市に費用を負担してもらって猫に去勢手術をしたりして減らす運動をしましたよ。この島もそのようにしてもらってみられてはどうですか?」
「でも私たちは猫たちにも助けられてるから。猫ちゃん目当てにこうやって多くの人が来てくれるけんね~。フェリーの運賃もこの島の財政の助けになっとるんです。猫ちゃんも大事な島の住人になっとるとですよ。はははは」

猫も聞いてました。

たしかに病気や衛生の問題などいろいろな問題もあるだろうし、当事者ではない自分が簡単に口を出すような問題ではないですが、少なくとも猫が島に溶け込んでのびのびしている理由が分かったような気がしました。

猫同士はあちこちでけんかしてますが、人間と猫はたたかってないんですね。

さて、最終便の船の時間。人が結構並んでました。

自分が並んでいる数人前で、
「はいここまでです。これ以上は定員オーバーで乗れません」
という声が聞こえてきました。

え?

17:30以降、船ないよ…。


ごった返すフェリー乗り場を見守る現地の男性たち。

まだまだ自分以外もたくさん人が残ってます。どうなるんだろうと思ってると、このあと臨時便を出しますってことになりとりあえずホッとしました。
ただし、船が新宮港まで行ってまたここまで戻ってくるのを待つ必要があるため、約1時間後の出発とのこと。

ま、今日ここで過ごした数時間をこの島にいながら振り返れるのでちょうどいいか。
ごちゃごちゃしていた頭の中の霧が晴れたように、これから進むべき方向が見えてきました。行き当たりばったりだったけど来てよかった。
なんでもかんでもやれないし、結局何を大事にしていくかってことなんだよな~…そこが原点なわけで…でもって5年後から逆算すると今はこのことが…なるほどなるほど…ブツクサブツクサ…。

暑かった日差しも西に沈んでいき、次第に肌寒くなってきました。

「ぼくにとっての相島ですか?
そうですね~、相島は『猫がいる』から来られてるって方が多いと思いますが、自分にとってはこの島全体の時間の流れとか聞こえてくる音、そこで日常を送られている人たちの姿とかそういうものに触れることが1番の楽しみであり喜びという感じですかね~。さらにそこに『猫もいる』っていう順番なんですよね。もちろん猫たちが…」

「はいはい急いで乗ってくださいねー」

「あ、はい…すみません…」

最後までしゃべり切る前に船が島に着いた。

 

 

コメントを残す