福岡県筑後市のホームページ制作会社

株式会社はねオンライン

イラストレーターでキャラクターイラストを作ろう! ~使用歴6ヶ月のわたしでもここまでできたイラスト作成術~

イラストレーターでキャラクターイラストを作ろう! ~使用歴6ヶ月のわたしでもここまでできたイラスト作成術~

2016年7月20日

Adobe〔アドビ〕の二大看板(だと個人的には思っている)イラストレーターとフォトショップと出会ってはや半年が過ぎました。

知れば知るほど奥の深いこの2つのアプリケーション…。「一生かかっても使いこなせる気がしない…」 と途方にくれることもしばしば。

ですが!

その奥深さでますますこの2つのアプリに夢中にさせられています(*^^*)

毎日発見を繰り返す中で、イラストレーターでキャラクターイラストを作成する際の自分なりの手順ができてきたので、備忘録としてここに書き留めておこうと思います。

非効率な点多々あると思いますがあくまで一例としてご参考になさってください(^^)

今回はビジネスフォン設置工事に走り回るキャラクターイラストを作っていきます。まずはペンタブを使ってフォトショップで下絵を描きます。

0603

我ながらきたなくて何が何だかわかりませんがとりあえず進みましょう。

次にイラストレーターを起動、下絵をそのままコピー&ペーストでペタッと貼り付けます。(もちろんフォトショップで保存→イラストレーターで開くでもOK)

下絵が常に薄く見える状態にしたいので、アピアランスパネルから透明度を調整します。
1

下絵のレイヤーは一番上に置いて動かないようロックをかけます。

あとはひたすらペンツールを使って下絵をなぞっていきます。

11

唯一にして最大のポイントは、
奥(背面)にあるものから描画していく」 ことです!!

これを意識すると格段に効率が上がります。(けれどいつも気づいたら忘れています…)

ここで問題発生!ビジネスフォンは、ボタンがたくさんあって遠近を整えるのがむずかしい・・・。

そんな時使えるのが「自由変形ツール」です!これは本当に素晴らしいツールで使い方も簡単です。

まず真正面から見た配置のボタンを「整列」や「段組み」機能を駆使して作ります。

6

これを選択→グループ化します。
あとは「自由変形ツール」で4辺にカーソルをあわせ、ドラッグで形を調整していくだけです。

7

ついでにちょっと角を丸めれば…

キャプチャ

遠近が表現できました!

10

あとは電話コードのぐるぐるを描くだけ…

でもベジェ曲線でなぞっていたら日が暮れてしまう…しかしパターンではなくランダムなぐるぐる感が欲しい…
なのでここではペンタブの力を借りてみました!
鉛筆ツールの滑らかさを最大に設定して

8

あとはぐるぐるっとペンで描いていけば…はい!完成です!

0

イラストレーターにもフォトショップにも、まだまだ未知の機能がたくさん…

いつか使いこなせる日を夢見て、勉強&実践を続けていきます(^^)/

コメントを残す