福岡県筑後市のホームページ制作会社

株式会社はねオンライン

初めてのLive2D~1枚の絵が動き出す!次世代のグラフィックソフトウェア~

初めてのLive2D~1枚の絵が動き出す!次世代のグラフィックソフトウェア~

2017年12月5日

「自作のイラストを動かしてアニメーションを作りたい…でも何枚も絵を描く時間はない…」
そんなわがままな夢をかなえてくれるのがLive2Dというグラフィックソフトウェアです。
たった一枚のイラストから2Dアニメーションを作りだすことが出来るLive2Dはまさに夢の技術。近年幅広い分野で活用されています。
はねオンラインでは、スマートフォンアプリ「ひらがなの種」を開発するにあたって、このLive2Dの技術を使ってアニメーションを制作しました。

アプリ開発に携わる前の私には、photoshopを使った単純なgifアニメーション制作経験しかありませんでした。
そこで公式サイトのチュートリアルで一からLive2D操作を学ぶことに。
とても丁寧に解説されていてありがたい…こんな画期的な技い術が無料ソフトで使えるなんて素晴らしい!…

しかしその時強く思ったことが、

入門編にしては複雑過ぎない…?

もっとサルでもわかるように教えて…

ということでした。


入門チュートリアルのこちらの女の子、「シンプルちゃん」というらしいです。でも正直
初心者にとっては全然シンプルじゃない。
まばたきや小首をかしげる仕草は可愛らしいけれど、私がマスターしたいのは
右のものが左に移動するとかくるくる回り続けるとかそういう超単純な動きなのに!

これは後からわかったことですが、単純な移動回転のみの動作をさせる場合、チュートリアルのステップ2・3にあたる
・描画オブジェクトをパーツに振り分ける
・ポリゴンを整える
といった操作はまず必要ありません
特にポリゴンの編集は初心者には感覚的に分かりづらく、躓いてしまう可能性があります。
なので最初の段階では飛ばしてしまって差支えないと個人的には思います。

そこで単純な移動・回転・拡大縮小の範囲内でLive2Dアニメーションを作りたい、という方に向けた「超入門簡易版チュートリアル」を次回の記事で解説していきたいと思います。

コメントを残す