マンシンソーイ・パソ

土曜日。
お客様のところで仕事を済ませ、パソコンで資料をつくるために近くのイートインがあるパン屋さんに来ました。

14:00も過ぎててお客さんも少ない。
おしゃべり好きなおばちゃん2人組と、物静かな老夫婦が店内でパンを食べておられるくらい。
カウンター席には誰もいません。
ちょうどいい感じです。

「もっと気軽にいろんな場所でクリエイティブな作業ができるように、軽くてバッテリーが長く保つパソコンが欲しいんだが…」
と、一緒に仕事をしている長尾につぶやいたところ、Windows機種はもちろん、CromebookからMacまでOSの垣根を越えさまざまな機種が候補として飛び交いました。

で、結局iPad(第4世代Air)を購入することに。
話しはじめたときには頭にない機種で、まったく想定外の結末でした。
(もはやパソコンでもないし)
今までもiPadは数台使ってきましたが、仕事で使うとなるとどうしても閲覧用とか確認用、あとはネットで調べものということくらいしか使いこなせてませんでしたので、本当にこれでよかったのかな…と不安は残ります。

でもなんかうれしい。

これ1台ですべての仕事をするのはまだまだ厳しいとは思いますが、今後はなるべく『iPadを使ってなんでもやってみよう作戦』を敢行することになっております。

コーヒーとパンをほむほむ食べながら、とりあえず今まで使っていたWindowsのノートパソコンでポチポチと作業をすすめてました。
いや〜しかしこのパソコン、3年ちょっとしか使ってないはずなのに、いろいろへこんだり色がはげたりして10年選手みたいな外観だなあ。
その中でもこれを『満身創痍』と呼ばずなんと言おう…という点を2つご紹介します。

使ってらっしゃるパソコンが、もしわたしと同じ症状でお困りの方がおられましたら、ご参考にされてください。

【満身創痍ポイント2つ】

1つ目。
床に落っことして天板がへこみ、そのへこんだ所にファンがあったらしく、ファンがきれいに回らない。
「シャリ…シャリ…シャリ…シャリシャリシャリシャリーーー!!!!!
と、金属と金属がこすれ合うような大きな音が出ます。
図書館なんかで使ってたら、受付から係員がすっ飛んでくるレベルの音です。
なので、もういっそのことファンが回らないようにクリップで止めてます。

クリップで押さえつけるこの方法にたどり着くまでは本当に苦行でした。
音が出始めたら『天板をしばらく指で思いっきり押し続ける』という行為を繰り返し、夏は汗だくになり仕事になりませんでした。

この方法をマネされる方にひとつだけ注意点を。
パソコンから離れるときは、くれぐれもクリップが外れないようにしてください。
お客様先で自分のパソコンから離れ、別の場所で作業をして戻ってくると、
「あなたのパソコンから、脱穀機のような音が出てますよ!!」
とびっくりされたことがありました。
みなさんが黙々と静かに仕事をしている事務所内で、
「シャリ…シャリ…シャリ…シャリシャリシャリシャリーーー!!!!!
定期的に鳴り響いてました。
(脱穀機だけに…とか言うつもりはありません)

しかし、騒音問題はクリップで解決したとはいえ、押さえつけて強制的にファンを回らないようにしているため本体が熱くなり、パソコン自体にも悪影響があると思いますのであまりオススメできる対処法ではありませんが。
(同じ症状の人なんかいるはずないだろ、とツッコミ待ちのところです)

ふたつ目。
キーボード左半分にコーヒーをこぼして数字の「1」と「X」が反応しない。

買ってすぐの出来事でした。
マイクロソフト社に修理依頼で送るも、「SurfaceBookはキーボード修理不可です」と返ってきたので、「キーボードを取り外せてタブレットとして使える2in1タイプなのになぜ?」と疑問に思い電話してみました。
「有料でもいいからキーボードだけ購入したいんですが」と。
「キーボードだけの販売はしておりません。市販のBluetooth(ブルートゥース)対応のキーボードを別途購入してもらってそれをお使いになられるというのはいかがでしょうか…」
とアドバイスされました。
そんな…ひどい…。

試行錯誤のすえ、
あまり使用頻度のない
F2キーに「1」を、
F3キーに「X」を割りつけて使っています。

キーの割り付けを変更するフリーソフトがありますので、もし同じようなことでお悩みの方がおられましたら、「キー配列変更ソフト」で検索してみてください。

同じ症状で悩んでおられる方の参考になれば幸いです。
(こんな症状に悩んでいる方と出会ったことはありませんが…)

弊害があるとするならば、別のパソコンを使うときに戸惑ってしまうというくらいでしょうか。
わたしは3年くらいこの配置で使ってるので、お客様のパソコン設定をしている際に「1」と入力したいとき、つい「F2」を押してしまう体質になっています。

習慣とは偉大ですね。

以上。
わたしのパソコンの満身創痍ポイント2つでした。

 

「かなり酷使させてしまったね〜。新しい相棒が来たので今後は負担が少なくなるよ〜♪」
と、パソコンくんをなだめていると、なんとここで事件が!

紙コップを倒してしまいました!
キーボードに上にコーヒーが!!しかも今度は右半分に…。

このパソコン、もう無事なところの方が少ないのでは…。

「オイオマエ、イイカゲンニシロヨ」
しばらく電源が入りませんでした。

きれいに拭いてしばらく乾燥させて、
「まだまだ君の力が必要なんだよ…」
とパソコンくんに語りかけながら電源ボタンを3分くらい押しっぱなしにしたら、ようやく立ち上がってくれました。

新しい相棒を買ってすねちゃったのかな?
可愛いやつだ。

「チガウ!モウヤスマセテクレ!ドンダケ酷使スンダヨ」

 

コメントを残す