「もしもし、アサヒさん?」
「い、いえ……」
「あ、すみません、間違えました」
ガチャ。
「な、なんなんだ……。いま何時……?」

時計を見ると7:30。

「やっば!!」

飛び起きて出かける準備をして、お客様との時間になんとか間に合いました。

「誰か知らないけど、さっきは起こしてくれてありがとう」

 

30~40代になって、
「この電話がなかったら遅刻してたかも」
ってことがしょっちゅう起こります。

びっくりするくらい、いつも誰かが、何かが起こしてくれるのです。
電話、玄関のチャイム、雷、顔を噛む飼い猫などのあらゆる手段を使って。

こうやって何かが助けてくれるのは、
おそらくわたしが10~20代に寝坊ばかりしていたからなんじゃないか、
と仮説を立てています。

わたし担当の守り神に、
「こいつはもう見てられない……。こっちから手を貸すしかない」
と、そう思われたはずです。

ということで、懺悔の意味も込めて、

 

恥ずかしかった寝坊ベスト3

を告白します。

第3位

夕方、お客様のところに約束の時間より1時間早く着いてしまいました。
車を停める場所は共同駐車場。
お客様の会社までは、ここから歩いて5分以上かかります。
当然、お客様からこの駐車場は見えません。
隣には、お客様の従業員さんの車が停まっていました。
来客用スペースに車をとめて、約束の時間まで本むことにしましたが、いつの間にか寝てしまってました。
「あれ?何時?」
と思い時計を見ると、約束の時間を30分過ぎています。
隣の社員さんの車はもうありません。
ハンドルに足上げてリラックスし過ぎたわたしの姿を見られたはずです。
急いでお客様の会社へ飛び込むと、担当の方はまだおられました。
事情を正直に説明すると笑って許していただきました。

第2位

大学1年のときに、第二外国語でフランス語を選択しておりました。 Continue reading