ズッコケおひとり様3人組

土曜日ということもあり、順調に仕事が終わったささやかなお祝いに、久しぶりにラーメンを食べようと思たちました。
ここのラーメンはうまいのです。

開いてるかな、と店に行ってみると、10名ほど順番待ち状態。
14:00というお昼時を過ぎた時間なのに意外と人が多い。
また今度にしようかな、と悩みましたが、
「今度」はずいぶん先になるような気がして、結局待つことにしました。

わたしのあとにも、お客さんが1人、2人と定期的にやってきます。
なかなかの繁盛ぶりに、期待度は増していきました。

 

わたしの前に待っている男性も、どうやらひとりで食べに来ている様子。
そして、わたしの後ろの男性もお一人様。
同世代のおひとり様3人組。
同志たちのようなゆるい親近感をおぼえました。

しかしこのあと、わたしたち3人に激しいバトルが待ち構えていることを、このときのわたしは知る由がありませんでした。

 

男には、男同志にしか分からない、意識の水面下での勝負ごとがあります。
お互い、勝負していることは表には出しませんが、たたかっているのです。
勝敗をわける【判定基準】はこんな感じです。

① 知能指数よりも握力の数値が高い方がすぐれた生き物である
② 背は高い方が、相手を物理的にも精神的にも見下ろせる
③ 日焼け止めクリームを塗らない男の方が勝ち
④ 保湿を気にするような男は男じゃない
⑤ 甘いスイーツ食べるなら、スルメ食ってる方がワイルド
⑥ かつ丼のコロモを健康のために残す男は情けない
⑦ 嫌がらずにふんどし姿になれる男には勝てない
⑧ にんにくの匂いを気にせずにメニューを選ぶのが男
⑨ 薄く切った牛肉より、厚切りのいのしし肉を「うまいね」と言える方が漢

(私は⑥以外、すべて敗者側です。しかも⑥もたまにやります)

この意識の水面下でのバトルには、いい車に乗ってたりとか、役職や肩書きはいっさい関係ありません。
経済的に豊かであるとかおしゃれな人間である、とか、そんな要素をいっさい含まない裸の生き物同志の勝負があるんです。
動物や昆虫にもある弱肉強食の世界と似ています。
オスは強い生命力を持ってないと、メスに選んでもらえないというような本能的なものなのかもしれません。

 

店の外で10分ほど待っていると、ようやくわたしたちの番。
「お一人様3名組」は同時にカウンターに案内され、
わたしを真ん中にして、3人並んですわりました。

カウンターの向こうの厨房から男性の店員さんが、順番にメニューを聞いてきました。
まずは左の男からです。

「へい、なんにしましょ」
「焼き飯セットで」
「へい。麺の硬さはどうしましょうか」
「バリカタで」
「へい、バリカタね」

左の男の伝票に書き込み終わった店員さんは、
わたしに、「お決まりですか?」とたずねてきました。

「焼き飯セットで」
(ラーメン1杯と焼き飯1皿、昔は食べれたけど今入るかな……)
と不安でしたが、ここは左の男に負けられません。

「麵の硬さはどうしましょ」
「えーーっと……。ふつうで……」

 

【判定基準】
⑩ ラーメンの麺は硬ければ硬い方が通であり、男の魅力と比例する

 

ここはわたしの負けです。
致し方ありません。
個人的に、麺は硬すぎない方が好みなのです。
久しぶりのラーメンってことで、ここは妥協できませんでした。

右の男も、焼き飯セットを頼みました。
完全にわたしたちを意識しています。
勝負にきています。
しかし、麺の硬さは、「ふつう」でした。
現時点では、左の男が1ポイント上回っています。

 

3人同時にラーメンと焼き飯がやってきました。

出てきたラーメンと焼き飯に、
(ご無沙汰しております)
と挨拶したわたしの顔は松重豊です。
あいかわらずのうまさをありがとう。
しかし、ラーメンと焼き飯って、働く男の昼メシって感じがする。
栄養バランスのことなんか脇に置いちゃって、
今日は俺の胃の中でおまえたちをわんぱくに消化してやるぞ。
と、ひとりで「孤独のグルメ」ごっこをしていると、
左の男が、
「すみませーん、替え玉ください」
と厨房に向かって声をあげました。

 

(な、なんだと!?)

 

【判定基準】
⑪ 替え玉を何回できるかが男の価値である

 

左の男が2ポイント目をあげて、わたしたち2人を突き放しにかかりました。
(がんばりましょうね、ぼくたちも)と、右の席の男と心で励まし合おうとしたそのとき、彼は伝票をつかみ席を立ちレジへと歩いて行きました。

 

(うそだろ!おい)

 

【判定基準】
⑫ 食べるのが速い男は、速く走れる男と同じくらいかっこいい

 

右の男が一気に3ポイントゲットで逆転首位です。

左の男をチラッと見ると、まだ食べてます。
ふふふ。食べるのわたしと同じくらいの速さですね……
って、そうだった!
彼はわたしより1玉多く食べているのか…。
忘れてた。

彼らには力技で勝てないと悟ったわたしは、小技に出ました。
にんにく投入です。
左の男は、にんにくを入れた形跡はありません。
ようやくわたしも、【判定基準⑧】に基づき1ポイントゲットです。
左の男に追いつき追い越そうと、さらに2杯のにんにくを投入。
どうだ、逆転スリーランホームランだ!
と息巻いていると、
同じ項目はひとりにつき1度まで、という男対決規則第六条が適用され、わたしのホームランはソロホームランと認定されました。

 

ここで試合終了のゴングが鳴りました。
左の男が食べ終わって席をたったのです。

 

左2ポイント(バリカタ麺・替え玉)
わたし1ポイント(にんにく投入)
右3ポイント(速攻食い)

 

きみたちには負けたよ。
おれはもう勝負を忘れてひとりゆっくりと食べていくことにするよ。

 

完食して店を出て晴れた青空を見上げると、
すがすがしい風と、どこからともなくにんにくの香りがしたような気がしました。

コメントを残す