『田口こうきデビュー記念コンサート』に行ってきました

日曜日の昼すぎに、
「今すぐテレビつけて『のど自慢』見てみて!岡くんにそっくりの人が出てるから」
という電話が友人からかかってきたのは、2012年8月19日のこと。

 

その情報は、またたく間にわたしたちの草野球チームメンバーに拡散されました。

「ほんとそっくり」
「うたってる!」
「演歌!しかもめっちゃうまい」
「え、これどう見たって本人だよね?」
「わー-!!岡くんが今週のチャンピオンになった!!」

 

 
テレビの中で岡くんが演歌をうたっているってだけでもびっくりなのに、
うまくてびっくり、
「合格」の鐘が鳴ってびっくり、
「今週のチャンピオン」に選ばれてびっくりの、
現実に理解が追いつかないそんな日曜日となったのを覚えております。

 

わたしたちはそのときまで、岡くんが演歌歌手になる夢を持っていたってことをぜんぜん知りませんでした。

 

この草野球チームは、2006年、わたしと長尾が「野球やりたいね」ってことで、友人たちに声をかけて「お遊び」のような形ではじまったチームです。
2008年、「そろそろ試合したいね」と、人数も9名そろってないのに市の軟式野球連盟に加入し、それから2017年までの10年間、本格的に活動をしていました。
(チーム名はビルズ)

 

最初は試合に出るだけで精いっぱいだった弱小チームでしたが、
長尾がビルズのホームページをつくり、そこからメンバーが少しずつ増えていき、最後は市の軟式野球連盟のC級で優勝するくらいまで強くなった伝説のチームです。
(「伝説」はわたし個人の妄想レベルの主観です)

 

岡くんが初めてビルズに参加したのは、「NHKのど自慢」に出場した前の年の2011年8月7日。
彼が中学3年のときです。
中学生の野球少年から、参加したいとメールが届き、
「こんな弱小チームで満足してくれるのだろうか……」
とか、
「扱いきれないくらい、とんでもなく生意気だったらどうしよう……」
と、監督だったわたしの方がびびっていた記憶があります。

しかし、岡くんはとても素直でまっすぐな少年でした。
チームにもすぐに溶け込み、
「ビルズで野球するのが楽しいです」と言ってくれて、それからずっと参加してくれるようになりました。
 
彼が高校生になったとき、
「高校の部活には入らず、野球はビルズでやりたい」
と言ってきたので、
「そんなに野球うまいのに、うちみたいな遊びのチームだけでやるのはもったいない。ちゃんと指導してくれる部活に入って、同学年の人と一緒に汗を流しながら野球した方がいいよ」
と言いましたが、彼は首をたてには振りませんでした。

なぜなら彼には、そのときからすでに「演歌歌手になる」という大きな夢があったからです。
「本当の夢」に多くのエネルギーを注ぐため、小学2年のころから通っている歌のレッスンを1番大事にしていこうと決めたようです。
(とはいえ、ピッチャーだった岡くんはけっこう真剣に野球にも取り組んでくれていました)

高校を卒業し大学に進んだあとも、ビルズが解散する2017年の最後まで、ずっと中心選手として活躍してくれました。

 
そして、チーム解散後から5年が経った今年(2022年)、岡くんからLINEでメッセージが届きました。

「お久しぶりです。
この度4月6日に徳間ジャパンから「田口こうき」としてデビューしました。
今一生懸命頑張っています!
永松さんはお変わりなくお過ごしですか?
長尾さんやビルズの方にもよろしくお伝えください」
 
画面見ながら「おおーすごい!!」と思わず声が出ました。
とうとう夢を叶えたんだね~すごいな~。

 
そんな岡くん、あらため、田口こうきくんが9月11日に柳川市でデビューコンサートを行うと聞き、ビルズの友人たち(とその家族含む)5人で行ってきました。

 

コンサートの前日、岡くんは、
「昨日くらいまで緊張して寝れませんでしたが、もう今はそれを抜けました。明日、がんばります!!」と笑ってました。

当日は、わたしの方が緊張していたんじゃないでしょうか……。

 

 

 

 

チケットは「完売」と聞いていたので、お客さん多いだろうと思ってはいましたが、予想以上の人の多さにびっくりです。
すでに、地元のアイドル感があります。

 

 
コンサート会場の1Fの売店のおばさんが、
「あの子はほんとまじめで一生懸命でね~。
ほんといい子よ。
今日はうれしいね~。
ところであなたは同級生?」

「いえ……」
(倍くらい上です)
マスクで顔半分見えませんからね、仕方ありません。
 

 
会場は満員でした。

本日は撮影はご遠慮してください、というアナウンスが流れましたので、写真はここまで。
 

あの子は大丈夫だろうか、と遠い親戚気取りで緊張していましたが、
1曲目を聴いたきに、歌のうまさに鳥肌が立ちあとは引き込まれるように聴いておりました。

 
ちなみになぜ名前が「田口こうき」かというと、岡くんが生まれ育った地名が由来とのこと。
福岡県大川市は旧・田口村といわれ、尊敬する作曲家の古賀政男の故郷でもあるそうです。
 
 
朝日新聞デジタルにこのような記事も掲載されていました。(無料部分のみスクショしました)
 

 記事のリンクです。
https://mainichi.jp/articles/20220913/ddl/k40/200/269000c

 

 

そういえば、有名になると親戚が増えるとよく言いますね。
そんなに親しくなかった遠い親戚が、急に親戚ヅラをしはじめるという現象のことです。

わたしなんか、ただの知り合いなのに遠い親戚ヅラしてここに書いています。
「オレは彼が小さいころから知っているんだぜ」って言いたくなる気持ち、分かるような気がしました。
うれしいんですよね、何かにチャレンジして自分の夢を叶えていく姿を見せてもらえることが。
 
来年から東京へ移動し、その中で勝負していく田口こうきくん。
「これからがさらに厳しい世界が待っています」と言ってましたが、
この歌唱力とそのキラキラした目があるなら大丈夫。
 
近いうちに、紅白歌合戦にも出場!ってのも夢じゃない。
本気でそう思わせてくれるステージでした。
 
 
田口こうき デビューシングル
『島原郷愁』
 

 
よろしくお願いいたします(^^♪
 

ただの知り合いより。

コメントを残す